×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

著作権について- - 編集著作権、著作権元は下記に記載 - -

当サイトに掲載された画像、テキスト、その他すべてのコンテンツ(以下「掲載物」と言います)は、
RyotA、又は各社、団体、個人が所有及び管理しており、著作権その他の権利として保護されてお
ります。

当サイトでは各新聞社、マスコミの記事を頻繁に引用、又、画像を使用します。
これらの行為について、不安に思われる方がいらっしゃると思いますのでここで詳しく説明をさせて
頂きます。

各新聞に掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの著作権は、各新聞社
及びコンテンツ提供者にあります。
また、総体としての各コンテンツについては、各新聞社に編集著作権があります。

そして当サイトはそれらを著作権法律・又は国際法上認められた範囲で
「引用」(編集や使用、リン
クを含む)しています。

著作権法上認められた「引用」とは、報道、批評、研究などの正当な目的のために、その目的上正
当な範囲内で記事等を使うことを指します。


上記の「引用」については「引用なら可」という単純なルールではありません。厳密には、

「公正な慣行に合致」し、「目的上正当な範囲内」で行われる引用とは、通常、次の3つの条件を満
たしていないといけない、とされています。

(1)その著作物を引用する「必然性」があること。また、引用の範囲にも「必然性」があること。

通常は、引用先が創作性をもった著作物であることが必要であり、「朝日新聞に次のような記事が
あった。」として、あとはすべて記事を丸写しにしたものなどは、引用には当たりません。

(2)質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあること。

引用した人が表現したい内容がしっかりとあって、その中に、補強材料として原典を引用してきてい
る、という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の文より少ないという関係が
必要です。

(3)引用部分がはっきり区分されていること。

当サイトとしましては引用し、編集をする形なので、引用又は「主」と「従」を段落に分けて使用してい
ます。

以上の三つが日本新聞社協会の条件です。

また著作権法律上、
「出所の明示」が義務づけられています。引用部分の著作者名、又は原作品
名、又は各社名を挙げておかないといけません。

法律上、各新聞社並びに各企業、会社、団体、個人の著作権を引用する場合、報道、批評、研究な
どの正当な目的のために、その目的上正当な範囲内で記事等を使うことを前提とした「引用」なら認
められておりますが、
引用元に不利益、損害が生じる「引用」又は「行為」は法律上禁止されており
ます。


例えばマスコミ業界の「フライデー」など、ネット上に公開していても、有料コンテンツ利用者しか購
読できない記事などは、「引用」することは「フライデー」にとって不利益が生じるため法律上禁止さ
れています。

お疲れ様です。長文ご熟読ありがとうございました。

下記が現在(2005年時点)当サイトが利用している編集著作権保有元です。


Copyright 2005 NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
Please note that any images on our WEB pages contain a digital watermark.

(C) 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved

COPYRIGHT THE YOMIURI SHIMBUN



Copyright 2005 Cable News Network

(c) Copyright 2005 The Sankei Shimbun. All rights reserved.

(C) 2005 Nihon Keizai Shimbun, Inc. All rights reserved.

Copyright c 2005 BB Serve Inc. All Rights Reserved.


以上が主に利用しているマスコミです。
もちろん上記以外の記事を利用させていただくことがあります。
その際も上記の著作権保有元同様に、引用したページの下部に記載させていただいております。

当サイトのコンテンツで使用、引用したいものがあれば管理人宛てにメールを下さい。
コンテンツの大半は著作権保有元が存在しますので、各社のガイドラインをお送りします。
※当サイトコンテンツの「Photo」に関してはメールを頂いてもお断りさせていただいております※
ご理解お願いします。

また、著作権には細心の注意をはらっておりますが、万が一当サイトに問題がある場合は、
お手数ですが管理人宛てにメールをお願いします。